頸椎椎間板ヘルニアの危険性|早期治療で元気な体を保つ

看護師

神経に影響をもたらす病

医者

首筋に強烈な痛みが走る病として、頸椎椎間板ヘルニアが挙げられます。この病は、首の頚椎を支えるクッションの役割を果たす椎間板が変形することで発症します。長年の首の骨への負担により、骨と骨の間にある椎間板が変形し、頚椎の奥にある神経を圧迫してしまうことで痛みが生じるのです。首に現れる痛みによってまともに動けなくなるだけではなく、悪化すると神経の圧迫により、手足のしびれが発生するようになります。テレビのリモコンの操作や服のボタンを掛けることなど、日常のちょっとした動作まともにも行なえなくなるため注意が必要です。放置すると半身不随によって一生涯車いすで過ごすこととなるため、頸椎椎間板ヘルニアの症状が見られた場合、早急な治療が必要となるでしょう。頸椎椎間板ヘルニアは専門の病院によって治療を行なうことができます。外科療法による治療や内科での保存療法によって、症状を改善できるでしょう。

外科療法での頸椎椎間板ヘルニア治療では、変形した椎間板を削ることで治療を行ないます。頸椎を切開し、神経を圧迫している椎間板の一部を切除することで症状を改善するのです。重度の頸椎椎間板ヘルニアの治療に用いられますが、体に負担が掛かるため、体力のない高齢者では受けられない場合もあります。そこで最近では、負担の少ないレーザー療法も行なわれています。レーザーの照射によって椎間板の圧力を減らし、神経への負担を改善できます。日帰りでの治療も可能であるため、この治療を受ける人も多いのです。首にカラーを巻き、頸椎への負担を減らす保存療法も効果的です。軽度の頸椎椎間板ヘルニアに用いられる方法であり、外科療法の受けられない高齢者でも利用ができるでしょう。

がんに発展する病

看護師

潰瘍性大腸炎は20代や30代の若者に多く見られる病です。腸にたびたび炎症による影響が与えられるため、発症して10年が経つとがんに罹るリスクも増大するため注意が必要なのです。潰瘍性大腸炎は免疫の異常によって引き起こされるため、病院で免疫を抑える薬を処方してもらいましょう。

View Detail

注意すべき腰の痛み

腰痛

行徳にはつらい腰痛を治療する病院が多くあるので、なかなか治らない腰痛は専門の医師に診てもらうようにしましょう。腰痛は筋肉の炎症だけでなく、内臓や神経の疾患のほか、心因性の腰痛もあります。慢性的な腰痛や痛み方がおかしな腰痛は、一度検査してもらう必要があります。

View Detail

発覚されにくいがん

男性女性

咽頭がんは進行の早いがんであり、さらに初期症状も風邪と誤認されやすいことから、発覚がされにくいがんです。喉に気になる症状が見られる場合、耳鼻咽喉科の診察を受けることで、検査と治療を受けることができるでしょう。

View Detail